千葉県での葬儀を行うまで遺体はどのようにすればいい?

千葉県で葬儀を行う場合、家族が亡くなって混乱しているということもあり遺体をどのように安置すればいいか分からなくなってしまう人も多いと思います。

そこでここからは、故人が亡くなってから葬儀までの間、遺体をどのように安置していけばいいのか説明していきます。

・千葉県で葬儀をするまでの間にどのようなケアをすればいい?

千葉県で葬儀を行う場合、遺体をそのままにしておくと衛生的にもよくないため、様々なケアをしていく必要があります。

まずは「末期(まつご)」の水です。

これは衛生的というより死者に対して行う儀式であり、箸先に脱脂綿を巻いて水につけ、故人の口元、額、鼻、あごの順で行われます。

この儀式は家族が故人の枕元に集まって行われます。

次に「清拭(せいしき)」になりますが、これはエタノールに浸したガーゼで遺体を拭くというものです。

そして「エンバーミング」という処置を行います。

これは遺体に防腐剤を注入したり腐敗しそうなものを取り除くことを指します。

・千葉県で葬儀をするまでに遺体を安置する方法は?

まず、病院で亡くなった場合は霊安室という場所に遺体が安置されることになります。

ただ、病院以外の場所で亡くなった場合は安置場所を探していかなければなりません。

その場合は「自宅」「斎場」「民間の安置施設」などから検討していくといいでしょう。

前述した方法で遺体を安置して、葬儀が行われる場合に搬送されることになります。

千葉県では斎場や民間の安置施設がそこまで多くないので、事前にどのような場所があるか調べておくといいでしょう。

◆こちらも参考にご覧ください>>>http://enoughzimbabwe.org/