千葉県で葬儀をする場合、宗派ごとの特徴と違いとは?

千葉県で葬儀をする場合は宗派ごとに違いがあるため、それぞれどのような特徴や違いがあるのか把握しておいた方がいいでしょう。

それぞれの宗派によってマナーなどに違いが出てきます。

・千葉県で葬儀をする場合、どのような宗派がある?

千葉県で葬儀をする場合、仏教式、キリスト教式、神道式などが存在します。

一般的に多いのが仏教の葬儀と言われています。

ただ、この仏教でも「天台宗」「真言宗」「浄土宗」「浄土真宗本願寺派」「浄土真宗大谷派」「時宗」「臨済宗」「曹洞宗」「日蓮宗」というように様々な宗派が存在します。

それぞれの宗派で様々な違いがありますが、大きなものとして「焼香をする回数や方法、線香の本数」が違ってきます。

この点については知っておかないと恥をかくことになるため、事前に把握しておいた方がいいでしょう。

・千葉県で葬儀をする場合は菩提寺によっても宗派が変わってくる

菩提寺というのは、先祖代々のお墓がある寺のことを指します。

この菩提寺に葬儀や法要などを依頼している場合は檀家ということになるので、基本的にはその菩提寺の宗派様式で葬儀をすることになります。

菩提寺が分からない場合は家族や親戚に聞いてみるといいでしょう。

菩提寺が存在しない場合はインターネットなどで検索して問い合わせをしてもいいですし、無宗教として葬儀を行っていくことも可能です。

千葉県で葬儀をする場合、菩提寺が決まっている人も多いと思うので、まずは故人の菩提寺はどこなのか調べてみることをおすすめします。