千葉県での葬儀で喪主が行わなければならない役割とは?

千葉県で葬儀をする際は必ず葬儀を取り仕切る喪主が必要となります。

この喪主には様々な役割があり、実際に手を動かすような作業は葬儀社がやってくれますが、挨拶などの主要な役割は喪主が担うことになります。

・千葉県の葬儀で喪主が行うべき役割とは?

千葉県の葬儀を行う場合、それに関わる様々な人から違った意見が出てくると思います。

しかし決定権は喪主にあるので、最終的にはどのように葬儀を進めていくのか喪主が判断することになります。

喪主の役割としてまず挙げられるのが「弔問を受ける」ということです。

最近では通夜に弔問する人が増えていますが、通夜、葬儀、告別式の間、故人の側にいて弔問客を迎えていかなければなりません。

次に挙げられるのが「挨拶」です。

特に通夜が終了した後と告別式が終了した後は喪主から挨拶をすることが多いと言えます。

そして「葬儀後の対応」も喪主が行っていく必要があります。

これはお礼の挨拶回りや法要などの対応を指します。

・千葉県の葬儀で喪主は誰がやればいい?

喪主をどのように決めなければいけないかというルールは実はなく、家族間で相談して決めることになります。

ただ、慣習としては故人と血縁が近い人が喪主をすることが多いようです。

また、過去は男性が喪主をすることが一般的でしたが、近年は女性であっても故人と血縁が近ければ喪主をするケースも増えています。

千葉県の葬儀で喪主をする場合は確かにやらなければならないことは多いですが、インターネットなどで挨拶例などを見ることができるのでそこまで大きな負担にはならないと考えられます。