千葉県の葬儀で直葬をするメリットとデメリットを解説。

千葉県で葬儀をする場合、直葬を選択するという人も増えてきています。

過去はある程度葬儀の形は限定されていましたが、近年ではシンプルな形が受け入れられはじめています。

そこでここからは、直葬をする場合のメリットとデメリットについて解説していきます。

・千葉県の葬儀で直葬をする場合のメリットは?

そもそも直葬とはどういったものかというと、お通夜や告別式を行わずに、安置場所からそのまま火葬場に移して荼毘に付されるという形になります。

一般的な葬儀と比べるとかなりシンプルな形と言えるでしょう。

この直葬のメリットとして最も大きいのが「費用が低くなる」という点です。

※葬儀費用に関係するニュース:https://www.jprime.jp/articles/-/16644

基本的に葬儀を執り行う場合は200万円前後が相場になってきますが、直葬の場合は多くても30万円ほどで葬儀を行うことができます。

そのため、経済的にも負担がかかることなく故人を見送ることができるというメリットがあります。

次に「遺族の様々な負担が減る」という点が挙げられます。

お通夜や告別式をする場合、参列者の対応をしなければならず遺族には少なくない負担がかかります。

直葬をすることによってこの負担を軽減することができます。

・千葉県の葬儀で直葬をする場合のデメリットは?

直葬を行う場合、「葬儀後の弔問対応がある」という点がデメリットになります。

直葬は身近な親族だけで行うため、故人の友人や知り合いが後日線香をあげに来ることがあります。

もう一つのデメリットは「菩提寺がある場合に反対されることがある」という点が挙げられます。

千葉県の葬儀で直葬という形を検討している場合、これらのメリットとデメリットを考えて判断していく必要があります。